校長室から

校長ブログ >> 記事詳細

2015/12/01

人権を考える

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 東京でも、木枯らし1号が吹き、日一日と秋の深まりを感じさせる毎日です。学校では、合唱発表会が終了し、次の学芸会に向けて、各学年とも、練習を始めています。
 11月20・21日の学芸会には、多くの方にご参観いただき、ありがとうございました。来賓・保護者の方合計の来校者は、1083人でした。子供たちは、「緊張した!」「頑張った!」「うまくできた」「ちょっと恥ずかしかった」等、いろいろな思いをもったようですが、どの子の顔も、皆、やり遂げた充実感に溢れていました。
 学芸会は、普段と違った空間を皆と共有します。教室で見せる顔とまた違った顔を見せてくれる楽しさもあります。そうした経験を通して、皆と協力して作り上げていく楽しさ、表現する喜びを感じていくものと思います。この成功が、次のステップになることを願っています。
 さて、カレンダーも1枚を残すのみとなりました。師走という名前の通り、学校は、2学期のまとめの時期に入っていきます。
 12月4日~10日は、人権週間です。人権とは、誰もが生まれながらにもっている、人間が人間らしく生きていくための権利であり、人類が歴史の中で築いてきた財産です。国連は、「世界人権宣言」された12月10日を「人権デー」と定めました。日本では、この「人権デー」を最終日とする1週間を「人権週間」として様々な活動を行っています。
 日常の子供たちの活動をそっと見ていますと・・・
 
       ○ 授業中、間違った発言に対してクスクスと笑っている。
       ○ くつや筆箱など、お友達の持ち物を隠してしまう。
       ○ あだ名など、本人が言われていやだなぁと思うことを言う。
       ○ 男のくせに、○○○○するなと言う。
       ○ 仲間はずれにする。                         等々、時々見かけます。
 
 言っている本人にその気がなくても、言われた相手にいやだなぁという思いをさせることもあります。相手のことを思いやる気持ちを常にもっていることは結構難しいことです。でも、大切なことなのです。ちょっと見方を変えるだけで・・・ちょっと自分に置き換えてみるだけで・・・トラブルにならないケースがたくさんあります。このようにならないために、子供たちの周りにいる大人が、人権感覚をしっかり磨き、ふさわしくない行動を見かけたら、その場ですぐ指導していくことが大切です。そうして、高輪台小学校が、誰もが大切にされる場所でありたいと思います。


 どうぞ、良いお年をお迎えください。


今月の『子育て茶話会』は、12月24日(木)9:30~10:25 
2学期最後です。写真で学期を振り返ります。


09:00